仕事式ブログ

    仕事力に関するブログ

    スポンサーサイト

    働く理由は必要か

    一昔前であれば「働いていない」ということは恥であり、経済社会からの脱落と見られるのが一般的だったと思います。ニートという言葉が当たり前になったのは2004年くらいからでしょうか。以前であればそれは「ドロップアウト」とか「アウトロー」と呼ばれていたはず。そして、その道を選択することは、特殊な境遇、それにかなりの勇気が必要だったはずです。働くことは当たり前で、働かないとすればそれなりの理由が必要だった...
    0
    該当の記事は見つかりませんでした。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。